珈琲の町津山

なぜ、珈琲の町なのか、
なぜ、津山なのか、
なぜ、今なのか、

なぜ、あなたは津山に生まれたのでしょうか。

この質問に一つづ問うていきます。

もちろん、珈琲の漢字発祥の地ということからスタートしています。
他にも、「瓦斯」という漢字や「酸素」という漢字も生まれています。

なのに、なぜ「珈琲の町」なのか。
答えはまだ遠い未来にあると私たちは考えます。

この答えをみんなで探しにいく旅が今始まります。


珈琲のまち津山を一緒に

誰もが違うことが出来る時代です。
珈琲で豊かな暮らしを見つけます。
自分を活かせる暮らしと仕事が見つかります。